全日本遊技事業協同組合連合会の取り組み

身近なギャンブルであるパチンコに対して社会の評価が厳しくなる中、パチンコ業界の今後を、パチンコ業界団体として有名な全日本遊技事業協同組合連合会の取り組みを通して見てみましょう。

ファン感謝デー

参加パチンコホールによる一斉感謝祭。液晶テレビや旅行など豪華賞品抽選会を実施。

パチンコ詐欺対策

ギャンブルに有る不確実性、射幸心などが影響して、詐欺が発生しており、パチンコ関連業界の社会的地位が損なわれるため、広報周知活動を行っています。パチンコ業界関係者を騙って詐欺が行われることもあり、自ら襟を正すこともパチンコホールには求められています。

社会からの要請に応える

パチンコ利用に伴い発生するトラブルの予防と救済についても多くの取り組みが行われています。

伝統的に続いてきたパチンコホールの喫煙に寛容な運営は利用者からは根強い支持があるが、社会的、保健的観点から禁煙化に取り組んでいます。一方では、従業員の受動喫煙の問題、ひいては人材確保の障害となりつつあるので、モラル以上の現実的課題と言えるでしょう。

パチンコに熱中し、社会生活に支障が出るほどのギャンブル中毒の予防と救済に取り組んでいます。

ポスターや標語による啓発や、本人または家族の申告によるに入店制限措置、自助組織やカウンセリング組織への支援などを行っています。ギャンブル業界の存在が反社会的と見なされることがないよう、十分な理解と支援が必要となるでしょう。