日本のパチンコパチスロ情勢

日本中にあるパチンコーホールですが、実は減少してきています。

ギャンブルに対する日本社会の厳しい態度に対応して規制が強化された事が理由とされています。

少子高齢化が当面続くという社会情勢も大きいようです。

とはいえ一大産業となったパチンコパチスロ業界は、このまま終わる気も無く、世界進出を目指して多くの取り組みを行っています。

世界を目指すpachinko

日本で大きく育ったパチンコパチスロ業界が世界進出する方法は、大きく二つに分かれています。

パチンコホール間の競争が激しい日本で鍛えられたパチンコ台スロット台のゲーム性は世界的にも高く、またアニメドラマとのタイアップにも積極的で話題性も十分です。各国の法的規制に適合させた上で主にカジノへの進出が進んでいます。特にパチスロはすでにカジノに設置されているスロットと遊び方の共通点が多く、かつ長く遊べる仕組みを備えていることから、海外での評価も高いようです。

日本ではパチンコホール出店に際して、公営化ギャンブルやカジノに比べて規制が緩く、過剰出店による過当競争が、サービスのレベルアップを実現する一方、廃業するパチンコホールが出る原因となっています。

大手パチンコホールの中には、海外でカジノ運営を行う形での海外進出を図るところも出てきています。

また、カジノを認めるIR法成立によって今後誕生する日本のカジノで大きな地位を得るために、

パチンコパチスロ業界は活発に活動していくことになるでしょう。