日本でのパチンコ、パチスロの位置づけ

日本においてパチンコ, パチスロの位置づけは、どのようなものか、日本国内で利用可能な他のギャンブルとの比較を通して見てみましょう。

競馬、競輪、競艇、バイクレース

パチンコに比べれば圧倒的に開催場所が少なく、少額とはいえ入場料がかかる施設も多いです。自分が競うのではなく、プロの選手の競技の順位に投票するので、競技者との共感や顧客間での一体感が強く得られます。ネット投票などどこでも遊べる仕組みは整備されてきていますが、開催は年中無休ではありませんし、投票締め切りに追い立てられることは変わりありません。

宝くじ、toto

パチンコと比べると控除率が高いため払い戻し率が低く、実質くじ付きの地方自治体、スポーツ振興寄付金といえます。発売間隔が長いのと完全に運だけで当選が決まるので、自分の才覚であたりを引き当てる感覚があるパチンコと違い、ギャンブルしている実感は低いです。銀行やネットで手軽に買えます。当選確率が低い分当選金が大きく、「夢を買う」つもりで買えば、日常を楽しくする面もあります。

カジノ

今後日本のどこかにできるであろうカジノは、全国どこでも入場無料のパチンコに比べると、入場回数制限や高い入場料もあって、それほど手軽に遊べるギャンブルとはならないでしょう。手軽さはない分、カジノは異世界的な特別感のある場所として認知されるでしょう。もっぱら機械相手のパチンコと異なり、ディーラーがたつギャンブルが用意されるでしょうから、機械相手のギャンブルに物足りない人や、特別扱いされることに飢えた人が熱狂するのかもしれません。