☆食事で健康            


青魚をよく食べる→生活習慣病の予防に

   
   旬には脂がのって、本当においしい青魚ですが、この脂の中に、体にいい成分が

   ぎっしり詰まっています。

   たとえば、不飽和脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)や、EPA(エイコサペンタエン酸)

   などです。EPAは血液の流れをよくして、動脈硬化や心筋梗塞、

    高血圧の予防に効果的な成分。

   またDHAは脳の神経細胞の重要な成分でもあり、記憶力の維持、向上にも役立ちます。

   1尾たべれば、1日の摂取量はOKです。


       ★いわし

        刺身や塩焼き、煮付け、フライと、どんな食べ方をしてもおいしくいただけますが、

        骨ごとやわらかく煮て食べると、カルシウムが豊富にとれます。

        煮干やめざし、しらす干もいわしの仲間です。

  
    ★さば

        鮮度が落ちやすいので、腹に金色の筋模様が出ている新鮮なものを選んで。

        脂っぽさが気になるなら、酢で締めたしめさばを。

        これは鮮度保持のためにもよい調理法です。 

      ★さんま

         脂ののったものは、シンプルに塩焼きが一番。

         開いて蒲焼風にしたり、しょうが煮や梅煮にすると、生臭みが消え、

         食べやすくなります。
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved