アロマテラピーの活用法

アロマテラピー

                                                                        健康と癒しの時間          
      
  TOP>アロマテラピー           

    アロマテラピーをご存知ですか。

     あまり興味の無い方でも、一度は耳にされたことがあるのでは

     ないで しょうか。

     アロマテラピーとは、「芳香療法」と訳される自然療法です。

     芳香植物(ハーブなど)から抽出した精油(エッセンシャルオイル)

     を使って、健康や美容に役立てます。

     芳香成分を体に取り入れることで、体調と精神の乱れを

     調整するのが目的です。
  
    最近では、病院や鍼灸治療院などでもアロマテラピーを利用して治療を行っている場所が多数あり、

     医学的見地から薬理効果が検証されています。

     香りを楽しむ芳香浴や、アロマバス、アロママッサージなど、手軽に楽しめるものがたくさんありますので、

     ぜひ、ご自分の生活に取り入れて、潤いのある時間を楽しんでみてください。
    香りの働き         
  精油はさまざまな芳香成分を含んだ揮発性の高い物質で、1つの精油には数十から数百もの芳香

  成分が含まれています。

  これが体に働きかけ、体調を整えたり気分をリラックス、リフレッシュさせたりの効果をあらわします。

  現在ではその芳香成分の薬理作用も大部分わかってきています。

  芳香成分の伝わり方は、鼻から脳内に刺激を与えたり、皮膚から血液をとおして全身にいきわたったり、

  また呼吸と一緒に鼻や口からのどを通り、気管や気管支、肺へと入ります。

  肌に塗ることでは、皮膚から吸収され、血管を通して全身に働きかけます。

    精油とは
 
 
  植物の花やつぼみ、枝葉、果皮、樹皮などから抽出された芳香物質が精油です。

    原料となる芳香植物は、約3000種ありますが、

    製油として加工できるものは約200種。

    大量の芳香植物からほんのわずかの精油しか作られません。
 香りのタイプ
  約200種ある精油の香りには、いくつかの傾向があります。

  まずは、香りの特性を知って、自分の好みや心身の調子にあった香りを選びましょう。
スパイス系 樹木系 ハーブ系 樹脂系 オリエンタル系 フローラル系 柑橘系
シナモンリーフ

ジンジャー

ブラックペッパー
ティートリー

シダーウッド

サイプレス

ユーカリ

ジュニパーベリー
クラリセージ

ペパーミント

ローズマリー

フェンネルスイート

マジョラムスイート

フランキンセンス

ベンゾイン

ミラル
サンダルウッド

パチュリー

ベチバー
ラベンダー

ローズ

ジャスミン

ゼラニウム

カモミール
グレープフルーツ

ベルガモット

マンダリン

レモン

オレンジスイート
  
  
  エッセンシャルオイルの種類はこちら

  スパイス系  樹木系  ハーブ系  樹脂系  オリエンタル系  フローラル系  柑橘系


 

   ☆私のお勧めアロマテラピー


   これは、アロマグッズを売っているお店の方から、教えて頂いたもので、気軽に実践できるので、気に入っています。


   @うがい液

    材料……ティートゥリー  1,2滴       水……コップ1杯

     コップ1杯の水に、ティートゥリーオイルを、1,2滴たらし、よくかきまぜてから、うがいをします。

     ティートゥリーには、強い殺菌、消毒作用があり、インフルエンザなどの、ウィルスによる感染症に効果があります。


   A鼻づまりや、のどの痛みのケアに

    材料……ユーカリ  3滴     ラベンダー  1滴    ホホバオイル  20ml

    ホホバオイルに、ユーカリオイルと、ラベンダーオイルをたらし、よくまぜる。手のひらにオイルをなじませ、

    胸に円をかくようにして、マッサージします。

   

                                     
B手作り化粧水

    材料……無水エタノール(グリセリンでも可)  5ml    

          精製水(ミネラルウォーターでも可)  95ml

          精油         1〜3滴    (自分の肌に合わせて、お好みで。 

              私は、ローズとネロリを、1滴ずつブレンドしています。肌も、

              しっとりするし、甘くてやさしい上品な香りに、癒されます。)

    
    無水エタノール(グリセリン)に、精油を加えてよく混ぜる 。

    ビンに移してから、分量の精製水(ミネラルウォーター)を加え、ふたをして、

    よくふりまぜる。

    使うたびに、よくふり、1〜2週間ぐらいで使いきること。


    人によっては、オイルに敏感な方や、アレルギー反応をおこす方もいるそうなので、購入する前に

    お店の方に相談してくださいね。
   その他の使い方

     芳香浴  
 
      アロマテラピーを最も手軽に楽しめるのが、この芳香浴です。

       空気中に精油を拡散させ、鼻から芳香成分を取り入れる方法で、

       ご自宅だけでなく、旅先などの部屋でも楽しめます。
  

       マグカップやハンカチを使って   オイルウォーマー  アロマライト  

       キャンドル
    アロマバス  

    お湯をはったバスタブに精油を落として入浴します。

     鼻と皮膚の両方から芳香成分を取り込む方法。

     入浴することで血行がよくなり、よりいっそう芳香成分が体に行きわたります


    全身浴  半身浴  フットバス  ハンドバス


    
・アロママッサージ  

     自分の好きな香りの精油、または用途に合わせた精油を選んで、

     マッサージオイルを作り、体のメンテナンスをしてみてください
     ★注意

     精油は医薬品ではありません。

     製品についての注意事項を必ず読んで、正しくお使いください。

     妊娠中の方、思い病気の方、慢性的な病気のある方など、身体の健康状態が気になる方は、

     専門家に相談の上で、ご使用になってください。
    健康と癒しの時間〜TOP

    アロマテラピー

    お風呂

    ダイエット

    食事

    ハイドロカルチャー

    観葉植物

    毎日のデトックス

    運動

    生活習慣

     
散歩ー新横浜編




横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved