ストレスのはなし


和食のストレス解消成分 ギャバ

                             
    効き目に即効性あり!


  ギャバ(γアミノ核酸)は、和食に欠かせない納豆やぬか漬けなどの発酵食品のほか、小魚や発芽玄米にも

  多く含まれるアミノ酸です。

  ストレスで高ぶった神経を鎮め、イライラや不安感を軽くします。脳波を調べると、リラックスしているときに出る

  α波を増やすという報告もあり、入眠を促し、眠りを深くするなどの不眠解消作用もあります。

  さらに、2007年度の学会で発表されたデータによると、これまで知られていた抗ストレス、リラックス作用に加えて、

  疲労感を軽減することも明らかになりました。

  一日の目安量は10〜20mg。発芽玄米なら50〜100g、ジャコなら大さじ二分の一です。

  最近では、あずきやレンズ豆を発芽させてギャバを増やした「発芽ビーンズ」や、ギャバの量を増やした納豆、漬物

  チョコレートもでています。

  緑茶に含まれるテアニンも、体内ではギャバと同様の作用を持ちます。緑茶でホッとするのはこのためです。



     
                                    ※小魚・納豆・ぬか漬け・発芽玄米など
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     お風呂

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved