健康☆イソフラボン         

イソフラボン

                              
      

TOP
>イソフラボン


  豆腐や納豆、そして最近大人気の豆乳など、日本の食卓に

  欠かせない大豆食品が今、健康食材として、世界中から注目されています。  

  その健康効果としては、乳がんや、前立腺がん、心臓病のリスクを低くする、

  骨を丈夫にするなど、多数証明されて  いるそうですが、最近では特に、

  女性にうれしい効能が 明らかになってきています。

  その鍵を握っているのが、大豆に含まれる、抗酸化力 の強い

  ポリフェノール“イソフラボン

  女性ホルモンに似た構造を持ち、ホルモンバランスの

  乱れからくる体の不調を、改善してくれます。  

   イソフラボンの3大効果

    1.美肌

     なめらかで、弾力のある肌を保つのに、欠かせない 女性ホルモン。

      年齢とともに減ってくる、その女性ホルモンの働きを補い、  潤いや張り、弾力を 

      とりもどしてくれます。






    2.ダイエット

     更年期以降は、コレステロール値が上がり、太りやすくなります。  イソフラボンは、コレステロールの代謝を促して、
  
     体脂肪をためにくくするという働きをします。


  
    3.女性の不調を解消

    ・ 乳がんを予防……イソフラボンの摂取量が多い人は、乳がんにかかるリスクが低い

      骨を強くする……イソフラボンは、閉経後の骨密度の減少を、抑える。

      更年期障害を軽くする……イソフラボンは、月経前症候群の 不安感や、頭痛、更年期特有の

                         ほてりの症状などを、改善する。



   一日にとりたい、イソフラボンの目安量は、年齢によっても 変わってきますが、80mg程度です。

   一日2回以上にわけ、こまめに大豆食品をとると、体内のイソフラボン濃度を常に、高く維持することが、できるので、

   体の不調の改善効果が表れやすいそうです。
  手軽に食べられるもの

   納豆  5/3パック (30g)     豆腐  1/4丁 (80g

   )豆乳  1/2カップ (100ml)


  料理に使う

   枝豆 約50さや (100g)   きな粉 大さじ2.5 (15グラム)

    油揚げ 3枚 (50g)    厚揚げ 1/2枚 (70g)    おから 150g

    がんもどき 中1/2個強 (50g)

   
  簡単豆乳ドリンク              

   豆乳の味が、苦手という人もいますが、そもそも豆乳とはなんでしょう。

   豆乳とは大豆をすりつぶして豆腐に固める前の液体のことで、豆腐製造の副産物なのです。

   そして、豆乳は牛乳と違い、動物性脂肪を含まず、リノール酸が多いので、血中コレステロールを下げるのにも有効です。

   現在では、製造法が改善され、青臭さもなく、おいしい豆乳が製造されるようになりました。

   また、甘く味付けしたものなど、色々な種類がありますので、自分のお気に入りを見つけてみてイソフラボンを

   たくさん摂取しましょう。

   味のバリエーションが欲しいときのために、私がふだん飲んでいるアレンジをご紹介します。
  BEST1.  豆乳+ココア

        ココアは、濃い目に入れたほうが、おいしいと思うので、私は、温めた豆乳に直接、

        大さじ1.5杯の粉末ココアを入れてしまいます。


  
BEST2. 豆乳+野菜ジュース

       グラスに豆乳と野菜ジュースを入れて混ぜ合わせるだけです

            ※ 大豆特有のにおいが気にならなくなり、ビタミンやミネラルも同時にとれます



  BEST3.  豆乳+きな粉

        コップ1杯の豆乳に、きな粉大さじ1杯を入れ、よくかきまぜます。

          まざりにくいのが、難点ですが、最初から一緒になっているものも、 売られています。


  BEST4. 豆乳+レモン 

        コップ1杯の豆乳に、レモン汁を大さじ1〜2杯入れ、よく混ぜます。 

          とても、さわやかな口当たりになります。


  BEST5.  豆乳+抹茶

        少量のお湯でといた、小さじ2杯の抹茶を、温めた豆乳に、少しずつ 混ぜます。

          豆乳が苦手な人には、一番良いかもしれません。
   

 BEST6.  豆乳+にがり

          豆乳に、にがりを数滴たらして、混ぜます。 すごく、甘さを感じられます。
    豆乳と牛乳の栄養分の違い (100g 中)                                  
豆乳 牛乳
エネルギー 46kカロリー 67kカロリー
コレステロール 12mg
脂質 2.0g 3.8g
カルシウム 15mg 110mg
マグネシウム 25mg 10mg
1.2mg 微量
たんぱく質 3.6g 3.3g
イソフラボン 50mg (200ml中)
レチノール 30ug

 

    健康と癒しの時間〜TOP

    アロマテラピー

    お風呂

    ダイエット

    食事

    ハイドロカルチャー

    観葉植物

    毎日のデトックス

    運動  

    生活習慣 

    散歩ー新横浜編





横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved