☆食事で健康            


コーヒーをよく飲む→動脈硬化予防など色々

   
   コーヒーの飲みすぎといえば不健康の象徴のように言われてきましたが、

   もともとコーヒーには体にいい作用がいっぱいあります。

   まずは、コーヒーのいい香りがアロマ効果となって、緊張をほぐし気分をリフレッシュ

   してくれます。

   さらにこの香りのもとは、コーヒーに含まれるカフェ酸によるもので、これもポリフェノールの

   一種なのです。活性酸素を除去して、動脈硬化を防ぐのに役立ちます。

   またカフェインの量もお茶より多く、これが眠気防止効果的なのと同時に、利尿を促し、

   体の中の余分な水分の排出を助けてくれるのです。


    ※1日に2~3杯なら胃に負担もかかりません。

      心配ならカフェオレに。牛乳のたんぱく質が、カフェインから胃を守ってくれます。
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved