☆食事で健康            


果物は朝食べる→ストレスに強い体に


  果物にはビタミンCが含まれているものが多いです。

  私たちは昼間何らかの理由でストレスを感じると、副腎皮質からホルモンが分泌されますが、

  この副腎皮質をビタミンCが守るといわれています。

  さらに、果物の酸味や香りによって、心身がすっきり目覚めるという効果もあります。

  こういうことから、果物は朝食べたほうが、より効果的だといわれているのです。

  逆に、夜果物を食べてしまうと、活動しないまま寝てしまうため、糖分の一種である果糖が

  中性脂肪に変わって、肥満の原因にもなりかねません。
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved