ストレスのはなし


和食のストレス解消成分 n3系油

     
   
 不安感やうつを解消し、活力アップ

  マグロやカツオ・ブリ・さんまなど、青魚に多いDHAやEPA、シソ油に多いαリノレン酸が「n3系油」です。

  n3系油には、うつや攻撃性を抑えるセロトニンの分泌に関わる神経の働きを高める作用や、不安感を増やす脳内の

  アドレナリンを減らす働きもあります。

  これらの働きで、精神が安定させられます。

  一日の目安量は、約0.5〜1g。マグロのトロなら刺身1〜2切れ、戻りガツオなら刺身4〜5切れで充分です。

  お味噌汁にシソ油を加えるだけでも効果があります。


                                 
                                 ※ シソ油(エゴマ)油・マグロ・カツオ
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     お風呂

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved