ストレスのはなし


和食のストレス解消成分 二大アミノ酸

     
   
ヒスチジンとトリプトファン

  現代人にうつや切れやすい人が多いのは、セロトニンが不足しているせいではないかという説があります。

  セロトニンは脳内の神経系を刺激して、うつ症状や攻撃性を抑え、精神を安定させる脳内物質です。

  そのセロトニンの原料となるのが、魚や肉、大豆に多いアミノ酸のトリプトファンです。

  トリプトファンは脳内にためておくことができないので、毎日こまめにとることがいいようです。

  青魚に多いヒスチジンには、イライラによる過食を防ぐ働きがあります。ヒスチジンの多い食事をしている人は、

  BMIが低いという報告もあります。

  このほか、カツオやマグロのようにひたすら生みを泳ぎ続ける回遊魚には、アンセリンというアミノ酸も豊富です。

  アンセリンはエネルギー代謝に必要な控訴を活性化すると供に、筋肉を動きやすい状態に保つという働きもあり、

  疲労回復に有効です。


                                 
                                      ※ カツオ節・豚肉・マグロ・カツオ・納豆・ノリ
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     お風呂

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved