☆食事で健康            



にんじんは油で調理する→カロチンの吸収率がアップ

  
   にんじんにはカロチンがたっぷりふくまれています。

   粘膜を丈夫にして風邪を防いだり、疲れ目や肌荒れに効果的なカロチンは、生で食べるより

   加熱して食べた方が吸収率がよくなります。

   また脂溶性のため、油を使って調理すると、さらに吸収率がアップされます。 

   だからにんじんを食べるときは、きんぴらや野菜炒め、、バターを落としたグラッセなど、

   油を使った調理法がおすすめです。

   サラダに使いたいときは、オイル入りのドレッシングをかけるなどして、油をプラスしましょう。

   にんじんを3/1本食べるだけで、1日に必要なカロチンがとれてしまいますから、

   カロチンが不足しているときには、にんじんを食べましょう。
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved