☆食事で健康            


においのきつい野菜を食べる→疲労回復・冷え性対策に

  
  ニラ、にんにく、らっきょうなどはつんと鼻をつく独特のにおいのために、好き嫌いがはっきり

  わかれますが、このにおいこそが、豊富な効果のしるしなのです。

  においの成分のアリシンはビタミンB1の吸収を助け、エネルギー源となる糖質の分解を

  早めてくれるのです。

  これらの野菜自体にはB1が少ないので、豚肉やレバー、納豆などのB1の豊富な食材と

  組み合わせて食べるとより有効です。

  また、血行をよくして体を温めるので、冷え性の人は毎日でも食べたいものです。
 
  

   ※ニラはカロチンが豊富。ねぎとにんにくは鼻づまりなど、風邪の諸症状の改善にもよい。

      ラッキョウは、弱った胃腸を刺激して、食欲を増進させる。
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved