おふろで健康

おふろ

 健康と癒しの時間              
      TOP>おふろ


    身近な材料で、家のおふろを、温泉に変えてしまいましょう。

       疲れや、痛みがとれて、お肌もスベスベに!

       まず、おふろに入る前には、必ずコップ1杯の水を、飲んで

       おきましょう。 

      汗をかきやすくしておくことで、体の中の老廃物を、出しやすく なり、

      めまいや、動悸などの症状を防げます。

      そして、おふろから上がる前には、足に冷水をかけ、湯冷めを

      防ぐことも忘れずに。  
          
           
     



  
   おふろのうれしい効果

   ・水圧作用でむくみ解消
 
    おふろの水圧によって血管やリンパ管が圧縮され、流れがよくなります。さらに、

    下半身の血液が心臓に戻りやすくなるのでむくみが解消されます。



  ・疲労回復とダイエット効果

    お湯の温度が体に影響を与えると、血行がよくなり、疲労物質が排出されます。

    また、脂肪の代謝活動もさかんになるのでダイエットにも効果的です。


  ・心臓のポンプ作用で毒出し効果アップ

  入浴で心臓のポンプ作用が活発になります。すると、代謝や解毒を行う肝臓や、

   尿をつくる腎臓に運ばれる血液量が増え、老廃物の排出がスムーズに。


  ・体温上昇で免疫力アップ

   体温が上がると、血液中の有害菌やウィルス、老廃物を処理する白血球の働きが

   活発になり血液がキレイになって、免疫力が高まります。


  ・水の抵抗で運動効果抜群

   
おふろの中では、つねに水の抵抗があります。手や足を動かすことで、

    ふだんあまり使わない筋肉を刺激してくれるため、運動効果が抜群です。


  ・リラックス効果でストレスフリー

  入浴すると、緊張をとってくれる副交感神経の働きが活発化し、リラックスできます。

   そのためストレスでたまった心の毒も排出されます。 
   
  
   気をつけたい冬のおふろの危険性

    寒い季節は、おふろで温まるのが一番ですね。

      のんびりお湯につかり、ポカポカと体が芯から温まると、一日の疲れも癒されます。

      でも、寒い時期になると、入浴時の死亡率の数がぐっと増加することを

      ご存知でしたか?

      気持ちのいいはずのおふろが入り方一つで、とても危険なものに

      なるのです。

      これは、諸外国ではほとんど見られない減少で、熱いお湯に肩までつかり、

      長風呂を楽しむ日本の習慣が大きく影響しているようです。

      死亡原因の半数を占めるのが、「心筋梗塞」
次が「脳卒中」です。

      原因は、温度差による急激な血圧変化(ヒートショックといいます)が大きく

      影響していると考えられます。

      つまり、寒い脱衣所や浴室から、寒さ解消のために熱いお湯にゆっくりつかる

      といった日本人にとって日常的な行動が事故につながる可能性が高い

      ということです。
    高齢者の方は、温度感覚の低下から、熱いお湯を好む傾向にありますが、 熱いお湯での入浴は、

     それだけで心臓にかなりの負担がかかってしまいます。

     熱いお湯に入ると、血圧が急上昇し、動脈硬化が進み、血管が弱っている高齢者はこれによって脳出血を

     起こしやすくなります。

     また、おふろの外へ出た時、急激に上昇していた血圧がスーッと下がると、 血流を押す力が急に落ちるために

     血管がつまり、脳梗塞や心筋梗塞をお越しやすい状態になってしまいます。

     おすすめは、ぬるめのお湯で半身浴ですが、冬場は寒くていやだという方はぬるま湯からスタートし、

     お湯につかりながら徐々に適度な温度へ上げていくように してみてください。

     また、おふろに入る前に、浴室を湯気で満たしておいたり、脱衣所に

     ヒーターを設置するのもよいかと思います。

                                     
                                    ※季節を楽しむおふろ12ヶ月はこちら
           ご家庭で簡単にでき、美容・健康によいおふろ+αを紹介します
       1.しょうが風呂 (筋肉痛、腰痛に)

      しょうがを入れると、筋肉をほぐし、体から熱を逃がさないという効果があります。
 
       ですので、保温が必要な、風邪や、筋肉の痛みにききます。

       干したしょうがを、スライスして布袋に入れたり、すりおろして、ガーゼ等でこした絞り汁を入れてもよいです。

       (しょうがは、ざるにのせたり、ネットに入れたりして、干してから使うと、皮膚への刺激が 弱まります。)


 
       2.米ぬか風呂 (冷え性に)
 
      まだ、せっけんのなかった江戸時代、ぬかが、せっけんの代用品でした。

       ビタミンBや、リノール酸をたくさん含む、ぬかを入れたおふろは、美肌に最適。

       また、保温にも優れているので、神経痛や生理痛、冷え性にも効果があります。


    ◇作り方

      ・ 米ぬかを、1kgぐらい用意する。

       ・ 20cm四方の、木綿のきんちゃく袋に、米ぬかを入れ、口を縛る。

       ・ 4リットルの水をふっとうさせ、ぬかを入れたきんちゃく袋を入れ、10分位、煮出す。

       ・ 煮汁を、湯船に入れる。

             この時、ぬか袋をいっしょに入れ、顔や手足をこすると、しっとりします。

      また、袋を作るのが、めんどうだという人は、大きめのバンダナで代用してもいいと思います。

 

 
      4.酒風呂 (肩こり、頭痛に)
 
      お酒には、美肌効果や、体内浄化作用があるといわれています。

       毛穴から浸透したお酒が、毛細血管を拡張させ、血行がよくなります。

       日本酒のほかに、ワインも適していますが、日本酒の場合は、蒸留酒より、醸造酒のほうが、より効果的ですので、

       ラベルをよくみてから、購入してください。

       ちょっと贅沢ですが、赤ワインも、湯船がほんのり赤くなって、見た目もきれいですし香りで、ストレスも

       解消されるのではないでしょうか。

       また、ワインには、タンニンという皮膚のたるみを引き締める成分も、含まれていますので、

       美肌効果にも、適しています。

       使い方は、ぬるめのお湯に、日本酒なら4合、赤ワインならコップ1杯ぐらいが、ちょうどいいと 思います。
     5.みかん風呂

      リモネンという、みかんの皮に含まれる成分には、血行促進作用があるので、

       いつまでも体は温かく、湯冷めしないし、寝つきもよくなります。

       その他、皮には、クエン酸やビタミンCも多く含まれているので、

       美肌効果もあります。

       その上、作り方も簡単なので、一度は、試したことのある人も、

       多いのではないでしょうか。
                                                             
       みかんを食べた後の皮を、陰干ししておきます。

       それを、ガーゼか木綿の袋に入れ、浴槽に入れて入浴します。 

       どこか、懐かしい香りにも、癒されますよね。


      6.塩の風呂

        体を温めて新陳代謝を促します。冷え性や、水太り、風邪の予防に。          

  沸かしたての一番湯は清潔ですが、ピリピリと肌を刺す刺激があります。

   こうした刺激感は、お湯に含まれている塩素が皮膚のたんぱく質につくことで起こります。

   誰かが入浴した後は、すでに塩素がなくなっているかごく少量になっているので、

   刺激感は感じなくなるのです。

   この刺激感を取り除き、お湯をやわらかくするのには、市販の入浴剤を使うのもよいでしょう。

   パッケージに主要成分が記載されていますので、目的に合わせた入浴剤を選んでください。


       市販の入浴剤のご紹介

   @無機塩類系入浴剤ー温熱&清浄効果を高め、お湯をやわらかくする

    主成分は、硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム

     などの無機塩類。温泉地の名前のついた入浴剤の多くがこのタイプです。

     塩類が皮膚の表面のたんぱく質と結合して幕をつくり、体の熱の放射を防ぐために、入浴後の保温効果が高く、

     湯冷めしにくいという効果があります。また、あせも、ひび、あかぎれなどの予防にも効果的です。



   
 A炭酸ガス系入浴剤ー新陳代謝を促進し、疲れ・痛みを回復

      主成分は、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムとコハク酸、フマル酸、リンゴ酸など。

       炭酸ガスの血管拡張作用を有効利用した入浴剤です。

       お湯にとけた炭酸ガスはひふから皮下に吸収され、血管の筋肉に直接働きかけ、血管を広げます。

       この結果、抹消血管の抵抗が弱まるので、血圧は下がり、血流量は増え、全身の新陳代謝が活発になります。

       また、血液が体の表面の熱を全身は運び、体の芯まで温まります。



    B薬用植物系入浴剤ー決行促進と香りによるリラックス効果

      主成分は、センキュウ、トウキ、ボウフウ、チンピ、カミツレ、ハッカなどの生薬。

       生薬の種類によってことなりますが、血行促進や湯冷め防止効果がみとめられています。

       また、独特の香りによるリラックス効果も証明されつつあるようです。



     
C酵素系入浴剤ー清浄効果と入浴後の滑らかな使用感

      主成分は、たんぱく質分解酵素。パパイン、パンクレチアンなどの酵素と無機塩類たんぱく質や脂肪、

       でんぷんなどを分解する酵素の働きで、皮膚に無理な刺激を与えずに皮膚表面の角質層の汚れを清浄にします。



    D清涼系入浴剤ー入浴後の肌はさっぱり、爽快感は抜群

      主成分は、メントール、炭酸水素ナトリウム、硫酸アルミニウムカリウムなど、おもにメントールを配合して

       清涼感を与えたり、炭酸水素ナトリウムなどによって入浴後の肌をさっぱりさせる働きがあります。

       入浴剤の色は寒色系が多く、視覚的にも清涼感を与えます。



   
  Eスキンケア入浴剤ー肌はしっとり、すべすべ、スキンケア効果

      主成分は、セラミド、コレステリルエステル、米胚芽油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイル、米発酵エキスなど。

        保湿効果が皮膚に吸着浸透して、スキンケアの働きをします。入浴中の肌は、保湿剤などの薬効が浸透
   
        しやすくなっているので、保湿成分は皮膚の角質層内部まで浸透します。

     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     お風呂

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス 
 
     運動

     生活習慣 

      
散歩ー新横浜編







横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved