☆食事で健康            


魚は皮まで食べる→動脈硬化や老化の予防に

   
   魚に含まれるビタミンB2は、身よりも皮や皮に近い部分により多く含まれています。

   このビタミンB2には細胞の生成を助け、粘膜を保護する働きがあるため、

   別名美容ビタミンと呼ばれるほどです。

   おまけに体内で過酸化脂質が出来るのを抑えるので、動脈硬化や老化、ガンの予防にも

   有効なのです。

   特にビタミンB2は、さばやいわし、さんまなどの色の濃い青魚、やうなぎの背中の部分に

   より多く含まれています。

   調理法は、煮ても焼いてもOKです。

  
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved