☆健康のための生活習慣            

生活習慣


足を上げて寝る→足のむくみ防止に

 
  
   疲れたなと思ったとき、足がむくんでいませんか?

    足は第二の心臓といわれるように、ポンプ機能を持ち、血液を心臓に送り込む役割を

    果たしています。ところが、疲れてくると、このポンプ機能が鈍くなり、末端の血液が心臓に

    戻ってこなくなってしまいます。その結果、足がむくんでしまうことに。

    それを防ぐために、足をタオルや枕にのせて高くして寝るのは、とてもいいことなのです。

    足をどのくらい上げたらいいかは、人によって多少違うものの、だいたい枕1つ分くらいが目安。

    足のむくみがひどくなると、静脈炎をおこして手術に至る場合もあるので、むくみぐらいと

    あまりあなどらずに試してみてください。


     まずは枕1つ分くらいの高さにして、実際に足をのせてみてください。

       「気持ちいい」と感じたらOKです。
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved