☆健康のための生活習慣            

生活習慣


晩酌をする→ストレス対策に

 
   ポリフェノールが動脈硬化の予防に役立つといわれ、空前のブームを引き起こしたのは

   赤ワインでしたね。

   最近では麦芽100%のビールにもポリフェノールが含まれ、アロマホップがリラックス効果を

   高めるといわれたり、白ワインには強い殺菌作用があり、魚介類を食べるときに飲むと食中毒を

   防ぐのに役立つなど、お酒が体にとっていいという説をたくさん聞くようになりました。

   飲みすぎがもちろんタブーなのはいうまでもありませんが、適量を守るという条件ちきなら、

   お酒は百薬の長となってくれるのです。

   ほどほどのお酒は、血液の循環をよくして体を温めてくれるし、緊張をほぐしてストレス解消にも

   かなり効果的。また、食前に飲むと食欲が増進されて、食事がおいしく食べられます。

   
    ビール(麦芽100%)の効能
    
      麦芽に含まれるポリフェノールが、ビール酵母によって発酵し、増えます。

      血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。

      
    適量と健康的な飲み方

      日本酒→1合

         アルコール分が14〜15度とビールの3倍になるため、酔いが早くまわりやすい。

        1合を1時間かけて飲むくらいのペースがベスト。

      ビール→大瓶1本

         炭酸で飲み口がスッキリするため、のどが渇いているときなどについ飲みすぎて

         しまいがちです。びんなら大を1本、350mlの缶なら2本を限度に。

      ワイン→ボトル半分

         グラスにつぐと、ちょうど2杯。種類によって多少含有量に差がありますが、

         10種類のポリフェノールが含まれるといわれています。
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved