☆健康のための生活習慣            

生活習慣


1日1回深呼吸→肺の機能低下を防ぐ

 
   肺には空気が入る小部屋(肺胞)がたくさん集まっています。

    でも通常の呼吸では、その全部に空気が送り込まれるわけではなく、働いていない肺胞が多い

    のだとか。

    ずっとふくらまないでいる肺胞は、だんだん硬くなり、そして分泌物がたまって、最後には

    機能しなくなることもあるのです。

    さらにそれが原因で細菌感染を引き起こし、肺炎などにつながることもあります。

    これを防ぐには、深呼吸をして肺を十分にふくらませるのが効果的。

    酸素を体にたっぷり送ることにもなり、体全体の細胞を活性化させます。

    ただしやりすぎには要注意。二酸化炭素が欠乏して、筋肉が硬直したり、呼吸困難を起こす

    「過呼吸」になることもあるので、適度に行ないましょう。


    
     深呼吸は複式呼吸がベストです。おなかに手をあてて、息を吸ったときに

       おなかがふくらむのを確認しながら行なうといいです。
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved