☆健康のための生活習慣            


天気のいい日には散歩する骨粗しょう症の予防に

 
   スポーツ社会学の立場から

      日光にあたると、体内にカルシウムの吸収を助けるビタミンDがつくられます。

      でも骨を丈夫にするにはカルシウムと日光以外に、体を動かすことも重要。

      カルシウムは、筋肉を使って骨に刺激を与えないと吸収されないのです。

      カルシウムは使っている骨に集まります。テニスの選手は利き手が太くなりますが、

      筋肉だけでなく骨も太いそうです。散歩程度でも、骨粗しょう症の予防には効果的です。


   
 心療内科の視点から

      気分転換をしたいとき、散歩はおすすめです。


      それも何の目的も持たず、ブラブラ歩く道草的な散歩ならなおさらです。

      日ごろ私達は、何をするにも目的を持って行動していますね。常にこの状態でいると、

      精神は無意識に緊張しているそうです。そこで散歩のように目的のない行動をすると、

      この意味のなさにホッとし、心が解放されるのです。時間のある晴れた日は、気ままな

      散歩を楽しんでみてください。

      
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved