☆健康のための生活習慣            

生活習慣


テレビを見るときは部屋を明るくする→疲れ目とドライアイの予防に

 
  
   明るさのコントラストが激しいと、目はとても疲れます。

    暗い部屋でテレビを見ると、その環境のせいで目にとっては、いつもより光の強弱が

    強く感じられ、 刺激が高まって疲労するのだそうです。

    以前、テレビのアニメ番組を見ていた子どもが倒れるという事件が起こりましたが、

    あのときも倒れたのは、部屋を暗くしていた子どもが多かったそうです。

    部屋を暗くすると、集中力が高まり、ストーリーに気持ちが入り込みやすいものですが、

    目のことを考えると避けるのが良策。

    コンピューターを使う場合も、画面が明るいからといって、暗い部屋でやるのは

    やめましょう。


       テレビがついていると気になりませんが、証明の光が映りこんだ画面を見ていると、

         やはり目が疲労します。テレビや照明の位置を変えて、光が映りこまない工夫を。
    
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved