☆健康のための生活習慣            

生活習慣


テレビを目線より下に見る→疲れ目とドライアイの予防に

 
  
   真剣にテレビを見たり、コンピューターを操作しているときは、まばたきの数が普通よりも

    少なくなって、目の表面が乾きがちになります。

    特に上目づかいで画面を見ていると、空気にふれる面積が広くなるため、いっそうドライアイに

    なりやすくなるのです。

    その上、目線を上にむけていると、頭も上を向くため、思い頭を支える首や肩の筋肉に

    力がかかって、肩こりの原因にもなるので要注意です。

    コンピューターのモニターは画面の上のラインに目線がくるようにすると、疲れにくいと

    いわれます。テレビの画面もこのくらいがおすすめ。
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved