☆健康のための生活習慣            

生活習慣


寝る1時間前におふろに入る→不眠防止に
   
 
   ただからだの汚れを落とすだけなら、おふろは夕食の前でも後でもOKです。

    でも、健康のためを考えるなら、「ぬるめのおふろにゆっくり入って副交感神経を刺激し、

    しばらくしてから寝るのがベストです。

    冬なら41度、夏なら39度くらいまでのぬるめのおふろにゆっくりつかると、

    体がポカポカしてきてリラックスし、眠気を覚えることも。

    こんなイライラがおさまってくつろいだ状態のままで布団に入れば、ぐっすり朝まで眠れること

    間違いなしです。

    逆に、スポーツをして肉体的にクタクタ、という時には集めのお湯に

    10分ほどつかってください。

    新陳代謝が活発になって、血液の中の疲労物質の乳酸が追い出され、スッキリします。 
     健康と癒しの時間〜TOP

     アロマテラピー

     おふろ

     ダイエット

     食事

     ハイドロカルチャー

     観葉植物

     毎日のデトックス

     運動
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集


   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved