ハーブ系
@エッセンシャルオイル名 A 香りの特徴 B体に対する働き C心に対する働き D肌に対する働き  E使用法 F注意点
    @アンジェリカルート

     A ジャコウの香りに似ている。柑橘系にやや甘くスパイシーなオリエンタル調が加わった複雑な芳香

     B 抵抗力を強め、風邪などを引きにくくする    たんを取り、ぜんそくの症状をやわらげる

     C 無気力や精神疲労から脱する手助けになる    弱った精神を安定させ、ストレスをやわらげる

     D 疲れた肌の色を明るくする

     E マッサージオイルに。更年期や月経前後のうつによい
 

     F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける
      
       刺激が強いので使用には十分注意。   特に妊婦や糖尿病の人は使用しない



    @イモーテル

     A ウッディ調を含む蜂蜜のような甘い香り

     B 熱を伴う風邪の諸症状をやわらげる    筋肉痛や関節の痛みをやわらげる

     C 心のしこりを除き、状況を切り開く力を与える     浮き足立った心に落ち着きを与えてくれる

     D ニキビややけど、切り傷に効果的

     E ボディオイルに。関節炎、打撲の痛みやあざを解消


     F 妊婦や授乳中の人は使用しない


    @オレガノ
 
     A 刺激のある香りは、葉を主体としたドライハーブから受ける薬っぽい印象が強い

     B 胃の不調に作用し、消化吸収を助ける     風邪による気管支の疾患を改善する

     C 弱った精神を刺激し、意識をはっきりとさせる

     D 肌を殺菌し、清潔な状態に保つ

     E 抗菌力を活かし、バケツの水に1滴おとし吹き掃除に使っても良い 
    
     F 刺激が強いので使用には十分注意


    @キャロットシード

     A かすかににんじんの甘い香りを含んだ独特の香り。 土っぽくウッディー

     B 体内の毒素を排出させ、むくみなどを改善する     月経の周期を正常化させ、生理痛をやわらげる

     C ストレスを軽減し、精神的な疲労感を取り除く
  
     D しみを改善するマッサージオイルに

     E しみ、しわに作用し、肌を若返らせる

     F衣類に精油が付着するとシミになり、落ちない事がある


    @クラリセージ

    A マスカットをおもわせるややフルーティーでウッディーな香りを含んだ、温かみのある香り

     B 月経不順を改善する    血行を促して体を温める 
   
     C 緊張や不安で疲労した精神をほぐす    パニック状態に陥った時、平常慎に戻る

     D 髪の毛の成長を促進する

     E 婦人科系のトラブル改善のためのマッサージオイルに

     F 妊婦は使用を控ええる    リラックスし集中力が散漫になる場合があるので、車の運転は避ける
 
       多量に使用すると、頭痛や吐き気の原因となる場合がある


      
@ゲットウ

     A 森林のグリーンと柑橘系のレモンを混ぜ合わせたような、すっきりとさわやかな香り

      B 血圧を下げ、筋肉のけいれんをしずめる    殺菌消毒作用により、体を清潔に保つ

      C 脳をスキッと活性化し、集中力を高める
 
      D保湿作用を収れん作用で、肌を引き締める

      E ローションやマッサージオイルに

      F 精油全般にいえる安全な使い方


     @サントリナ

       A りんごにスパイスを加えてベイクしたような、甘さと刺激香が混じる。 ややパウダリー

       B 咳や喘息の症状をやわらげる    虫除けや虫刺されの症状をやわらげる

       F 毒性があるという説もあり、アロマテラピーには安全性について確認の上使用する


     @スペアミント

       A チューインガムやキャンディなどで知られる、透明感の中に甘さのある香り

       B 吐き気を押さえ、便秘の症状をやわらげる    頭痛をやわらげる    口臭を抑える

       C 疲れた心をリフレッシュさせる

       D かゆみを抑える

       E 消化を促す芳香浴に

       F 皮膚に刺激があるので、使用量に注意する    乳幼児、妊婦、授乳中は使用量に注意


     @セージ

       A 鋭く、くっきりとした香りが特徴的な香り

       B 消化を助け、便秘の症状をやわらげる    月経痛、更年期障害をやわらげる

       C 憂鬱な気分をやわらげる

       D 切り傷の治りを促す    髪の毛のつやを出す

       E 保管お精油をブレンドし、ごく低濃度に

       F 刺激が強いので、使用には十分注意する    高血圧の人、乳幼児、妊婦と授乳中は使用しない



     @セロリシード

       A 野菜のセロリの葉の独特でスパイシーな香りをさらに強力にしたような香り

       B 関節の痛みをやわらげる    月経を正常化させる

       C 不眠を改善させる

       D むくみを取り、肌に明るさを取り戻す

       E シミを目立たなくするためのクリームとして使う
  
       F 皮膚への刺激が強いので、使用量に注意する


       
@セントジョーンズワート

        A 深く落ち着いた香り
  
        B 関節の痛みや月経痛をやわらげる

        C 憂鬱な気分をやわらげる

        D 切り傷ややけどの治りを促す

        E 痛みを改善するボディオイルとして

        F 特定の医薬品と併用した場合に副作用が報告されている。ハーブティーやサプリメントなどの通常の摂取量

          では特に問題はないが、年のため以下の医薬品との併用は控える 〔エイズ治療薬、ぜんそく治療薬、

          血液凝固阻止約、免疫抑制薬、心臓病治療薬、ピル〕


       
@タイム・リナロール

        A 様さが際立つ、強い香り

        B 気管支系の痛みや炎症をやわらげる   面栄気力を高め、感染症を予防する
 
        C 元気づけ、不安をやわらげる

        D 頭皮に毛髪を整える

        E においの気になるゴミ箱などの抗菌スプレーに

        F 刺激が強いので使用量に注意する


       
@タラゴン

        A アニスのような、スパイシーな個性的な香り 

        B 利尿作用をうながす   筋肉の痛み、月経痛をやわらげる
 
        C 元気に活発にさせる  
 
        E 痛みをしずめるボディオイルとして使う
 

        F 刺激が強いので、使用量に十分注意する     


        
@ディル
         
       A 草のような香り

         B 便秘の症状をやわらげる    口臭を消す
   
         C 意識をクリアにし、頭脳を明晰にさせる
   
         E フレグランスに
   
         F 子供、妊婦は使用しない。授乳中の人は使用には十分注意する


        
@バジルスィート

         A グローブに似た甘さを含んだスパイシーな香り

         B 呼吸器系の痛みをやわらげる    筋肉や関節の痛みをやわらげる

         C 意識をクリアにし、集中力を高める    自律神経のバランスをとる

         D 虫刺されのかゆみや、虫除けに効果がある

         E 他の精油とブレンドしマッサージオイルに。ストレスをやわらげる

         F 皮膚への刺激が強いので、使用量に注意する


       @パセリシード

          A 森の香りを漂わせた、草の温かさを感じさせる香り
 
          B 月経不順を正常化させる    関節や筋肉の痛みをやわらげる

          C イライラした気分をしずめる

          D 外傷と打ち身の治りをうながす     頭皮をと毛髪の成長をうながす

          F 刺激が強いので、使用には十分注意する      妊婦は使用しない


       @ハッカ

          A 清涼感のある、すがすがしくさわやかな香り

          B 筋肉の痛みをやわらげる     消化を助ける

          C ストレスをやわらげる

          D 肌を清潔に保つ

          E 空気瀬市場のための芳香浴に 

          F 皮膚への刺激があるので、使用量に注意する     乳幼児、妊婦、授乳中は使用を控える 



       @バレリアン

          A 温かな樹の香り

          B 頭痛をしずめる    急な下痢症を改善させる    感染症の予防に役立つ

          C 心の動揺、ヒステリーをしずめる     不眠症を改善する

          E フレグランすにごく少量加える    心を穏やかにするのに役立つ

          F 多量、長期の使用は、頭痛、筋肉の痙攣、動悸などの症状が現れることがあるので避ける



       @ヒソップ

          A フレッシュで、甘さのあるさわやかな香り

          B 血行をよくする   脂肪を分解する    整理中のむくみを抑ええる    風邪、咳をしずめる

          C 不安や心配、神経の緊張、ストレスなどをやわらげる

          D 擦り傷や切り傷などの炎症をおさえる

          F 刺激が強いので、使用には十分注意し、長期間の使用は避ける

            幼児や妊婦、授乳時の人は使用しない

      

        @フェンネルスイート

          A 草木のような深くて甘いスパイシーな香り

          B むくみや皮下脂肪による肥満を改善させる     二日酔いや飲みすぎの不快感をやわらげる

            月経不順を正常化させる

          C 月経前のイライラした気分をしずめる

          D 肌を清潔に保ち、丈夫にする

          E マッサージオイルに。月経の不快症状をやわらげる

          F 乳幼児、妊婦、授乳中は使用しない     長期間の使用は避ける
           


        @ペパーミント

          A スーッとしたメントールの香り

          B 下痢や便秘、吐き気、乗り物酔いをやわらげる     

            呼吸器系の痛み、頭痛、歯痛、筋肉痛をやわらげる
            
          C 怒りによる興奮や疲労した心をしずめる    脳を刺激して意識をクリアにさせる  

          D ニキビや日焼けの炎症をしずめる    かゆみを抑える

          E 鎮痛のボディオイルに

          F 心身と肌への刺激が強いので使用量に注意する 

            妊婦と授乳中は使用を控える



        @マジョラムスイート

          A 温かみがあありながら、ややスパイシーですっきりとした香り

          B 冷え性、筋肉疲労をやわらげる     便秘や下痢、消化不良の不調を整える

            月経痛や偏頭痛の痛みをやわらげる    
            
          C 不安や孤独感、ストレスをやわらげる

          D 小じわやくまを改善する

          E マッサージオイルに。ストレスを解消する

          F 精油全般にいえる安全な使い方


          @ヤロウ

          A やわらかさと甘さを合わせ持つハーブの香り

          B 月経を清浄にし、更年期障害をやわらげる    免疫力を高め、風邪を予防すぬのに役立つ  
            
          C 極度の緊張をほぐす    気力が衰えたときに、勇気をふるい起こさせる

          D 炎症を起こした傷やあかぎれに効果がある

          E 婦人科系の不調改善のためのマッサージオイルに

          F 長期に渡って連用すると頭痛を引き起こし、敏感な肌を刺激することがあるので注意する

            妊婦と授乳中、子供は使用しない


           @ラベンサラ

           A やや刺激があって爽快感のある香り。ユーカリもしくはローズマリーに近い

           B 風邪や呼吸器系の痛みや炎症をやわらげる   免疫力を高め、感染症を予防する

             筋肉痛などの痛みをやわらげる
            
           C 意識をクリアにし、集中力をたかめる     疲れた心やうつをやわらげる

             不安を取り除き、安眠を促す

           E ボディオイルに。感染症を予防する

           F 精油全般にいえる安全な使い方を守る


           @リツェアクベバ

           A レモンにも少し似た、甘酸っぱいフレッシュな香り

           B 消化を促し、吐き気をしずめる    呼吸器系の炎症や痛みをやわらげる

           C気分をしずめる作用と高揚させる作用の両方を持つ

           D 脂性肌の皮脂バランスを整ええ、清潔に保つ

           E ストレス解消、痛みを和らげるためのマッサージオイルに

           F 皮膚への刺激が強いので、使用量に注意する


           @リンデン

           A グリーンを貴重としたなかに、ソフトな甘さのあるっさっぱりとした香り

           B 偏頭痛、頭痛をやわらげる     呼吸器系、消化器系のトラブルをやわらげる 
            
           C 落ち込んだ気持ちを明るくし、自信を与える     リラックスさせて安らかな眠りを促す

           D しみ、しわ、そばかすを目立たなくさせる    毛髪の成長を促す

           E フレグランすに最適

           F 皮膚への刺激があるので、士湯量に注意。特に敏感肌の人は使用しない  

             香りが強いので使用量に注意


           @レモンバーベナ

           A レモンに似たクールな香りの中に、メロンの甘さを少し加えたようなデリケートな香り

           B 吐き気、消化不良などをやわらげる   むくみを解消し、脂肪の消化を助ける

             気管支炎や鼻づまりの症状をやわらげる
            
           C 気持ちをリラックスおよびリフレッシュさせる

           D 皮脂バランスを整え、ニキビを改善、予防する

           E 抗鬱のための芳香浴やフレグランすに

           F 敏感肌を刺激すlることがあるので、使用量に注意する


           @ローズマリー

           A 強い樟脳のような、フレッシュですがすがしいグリーンの香り

           B 頭痛、偏頭痛、軽いめまいをやわらげる 
            
           C 脳に刺激を与え、眠気をさます

           D 肌のたるみやむくみを解消する     フケを抑え、毛髪の成長を促す

           E 筋肉痛をやわらげるマッサージオイルに

           F 精油全般にいえる安全な使い方を守る


            
            
           





    
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved