柑橘系
@エッセンシャルオイル名 A 香りの特徴 B体に対する働き C心に対する働き D肌に対する働き  E使用法 F注意点

      @
オレンジスイート

      A オレンジの皮をむいたときに広がる甘く、フレッシュな香りそのもの
 
      B 消化不良や食欲不振、便秘などを改善する      空気中を殺菌し、風邪の予防をする

      C 気分を明るく元気にし、不安をとりのぞく       緊張やストレスを解消する

      D 疲れた肌を活き活きと元気によみがえらせる 

      E 安眠のための芳香浴をはじめ、幅広い用途に

      F 皮膚に刺激があるので、使用量には十分注意。特に敏感肌の人はパッチテストを


      @
グレープフルーツ

      A グレープフルーツの果実の香りそのまま。オレンジほど甘みが強くなく、さわやか

      B 体内脂肪の燃焼を促進し、利尿を促す       デオドラント効果で汗のにおいを抑える

       C 気持ちを高揚させて元気にし、幸福感を与える     沈みがちな気持ちを明るくリフレッシュさせる

      D 肌を引き締め、代謝作用をアップする

      E むくkみ解消のためのマッサージオイルやスクラブに

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける     皮膚に刺激があるので、使用量に注意する  

        

      @シトロネラ

      A 軽い甘さがある、さわやかなレモンのような香り

      B 頭痛、偏頭痛、肩こり、腰痛の痛みをやわらげる

      C 気持ちを前向きにさせ、うつをやわらげる    疲れを取り、リフレッシュさせる

      D 肌に弾力を与え、肌のにおいを消す     体臭を抑える

      E 蚊よけのルームフレグランスとして芳香浴や、ルームスプレーで使う

      F 皮膚に刺激があるので、使用量に注意する


      @
タジェット

      A 甘くフルーティーな香り

      B 蚊やハエなどの虫から皮膚を守る    感染症を予防する

      C 意識をクリアにし、緊張をほぐす

      D 切り傷の治りを促す
  
      E 専門家の処方のみにて使用

      F 非常に強力な精油なので、使用には十分注意する       光毒性があるので、使用後は直射日光を避ける



      @タンジェリン

      A みかんのような甘くすがすがしい香り

      B 便秘や下痢の症状をやわらげる

      C 安らかな眠りを促す     ストレスをやわらげ、緊張をほぐす

      D 皮下脂肪をもやし、痩身に役立つ   妊娠線を目立たなくさせる

      E スキンケアのためのマッサージに

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける


      @
プチグレイン

      A ハーブの香りを漂わせたフレッシュな柑橘系の香り

      B 筋肉のけいれんをやわらげる    消化を助ける

      C 怒りやパニックをしずめ気持ちをやわらげる     ストレスを解消し、リフレッシュさせる

      D 脂性肌向き。ニキビや吹き出物の治りを促す     肌の匂いを抑える

      E 安眠を誘うバスオイルに

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける


      @ベルガモット

      A ややフローラルなトーンのある甘くフルーティーな香り。ほぼすべての精油と相性がよい

      B 消化を助け、食欲を増進させる      気管支系の痛みをしずめる

      C うつや不安、緊張をやわらげる     怒りをしずめ、安眠を促す

      D 脂性肌に向き、しっしん、ニキビの炎症をしずめる

      E 多くの精油と相性がよく、幅広い用途に

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける    敏感肌を刺激することがあるので使用量に注意


      @
マンダリン

      A フルーティーで甘みのある、やや落ち着いたオレンジのようなデリケートな香り

      B 食欲を増進させ、消化器系を強化させる    便秘を解消させる

      C 気持ちを明るく盛り上げる    不安を取り除いたり、うつをやわらげる
  
      D 皮膚をなめらかに整える 

      E 安眠のためのルームスプレーに

      F 光毒性は低いが、使用後は直射日光を避ける     敏感肌の人は使用量に注意する


      @
メリッサ
〔別名レモンバーム〕

      A みずみずしいグリーン系をミックスしたようなレモンの香り

      B 吐き気を抑え、消化不良を改善する      月経周期を正常化させ、月経痛をやわらげる

       C 心の緊張をほぐし、不眠を解消する    感情のバランスをとり、情緒を安定させる
 
      D しっしんの治りをうながし、かゆみをしずめる

      E 緊張をほぐすフレグランスに

      F 敏感肌の人は肌を刺激することがあるので、使用量に注意する


      @
ユズ

      A 料理の香り付けなどに使われるように、さわやかで懐かしい日本の香り
 
      B 血行をよくし、冷え性を改善させる     新陳代謝を活発にし、疲労を回復させる

      C 気持ちを前向きにさせる    イライラを落ち着かせ、穏やかにさせる

        意識をクリアにし、集中力を高める

      D 保湿作用があり、肌をみずみずしく保つ
       
      E 入浴剤に

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける      皮膚に刺激があるので、使用量に注意する


      @
ライム

      A 身が身のある、フレッシュかつシャープな香り。レモンより芳香が強く、甘さもある

      B 呼吸器系の痛みや炎症をやわらげる    消化液の分泌を促し、食欲を増進させる

      C 心を活気付け、前向きな気持ちにさせる     集中力を高める 

      D 肌をひきしめるため、脂性肌に向く

      E シャープな香りをブレンドにいかし、フットスプレーなどに

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける     

        敏感な肌を刺激するおそれがあるので、肌につける場合は他の精油とブレンドする


      @
レモン

      A レモンを切ったときに広がる、キリッとした鋭さのある、フレッシュな柑橘系の香り

      B 免疫力を高め、感染症を予防する     冷え性、むくみを改善する

      C 心を同様をしずめ、冷静にする

      E 血行をよくし、肌の明るさを取り戻す     髪や爪を強くし、成長を促す

      F 光毒性があるため、使用後は直射日光を避ける 

        敏感な肌を刺激するおそれがあるので、使用量に注意する


      @
レモングラス

      A どこか温かみをと甘さのある、レモンに似たさわやかでフレッシュな香り

      B 消化を助け、胃腸の炎症をしずめる    

      C 疲労感や不安感、ストレスを解消する

      D リンパの流れをよくし、セルライトを除去する     ハリを与え皮脂のバランスを整える

        ニキビや水虫などの治りを促す

      E 他の精油とブレンドし、筋肉痛をやわらげるマッサージオイルに

      F 皮膚への刺激は比較的強いので、使用量に注意する


      
      

   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved