市販薬のおもな成分とその作用           


主な解熱鎮痛成分 特徴 主成分とする主な市販薬
アスピリン  熱と痛みの特効薬として、最も古い歴史を持つ

 アセチルサルチル酸系の薬です。体内のプロスタグランジン

 の産生を押さえ、炎症に伴う痛みを緩和させます。軽度から

 中等度の頭痛に友好ですが、副作用に胃腸障害があることか

 ら、大半の薬には胃壁を保護する成分がふくまれています。

 アセチルサリチル酸アルミニウムは、アスピリンと同様の作用

 をもつものの、胃に対する副作用は少ないとされています
アスピリン

バファリン
エテンザミド
 アスピリンと同様、サリチル酸系に分類される解熱鎮痛薬で
 
 アスピリンとほぼ同じ作用をもちます。

 胃腸障害はアスピリンより弱いとされます。

 
サリドンA

新セデス錠

ナロンエース

ノーシン

ハッキリエース
アセトアミノフェン
 脳の痛みを感じる中枢に直接働きかけて、痛みを鎮める解熱・

 鎮痛成分です。

 カフェインとエテンザミドを加えて、「ACE処方」と呼ばれる組み

 合わせで作られる市販薬が少なくありません。

 アスピリンとともに、優れた鎮痛作用と解熱作用を発揮する

 ものの、炎症を抑える作用はあまり期待できません。

 副作用として吐き気や嘔吐・下痢・また、発疹やかゆみなどの

 皮膚症状が現れることがありますが、胃腸障害は、

 アスピリンに比べて少ないとされています


タイレノールA

エキセドリンA錠

新セデス錠

ノーシン

ハッキリエース
イブプロフェン  プロスタグロンジンの産生を抑える作用をもつ解熱・鎮痛・

 抗炎症成分です。


 もともと医療現場で使用されていた成分を市販薬に転用した

 「スイッチOTC」で、強い抗炎症作用をもちます。

 胃腸障害などの副作用は少ないものの、まれに発疹・かゆみ

 などの皮膚症状、頭痛やめまい、喘息などを

 まねくことがあります
イブ

リングルアイビー

ナロンエース
イソプロピル
アンチピリン
 「スイッチOTC」 の解熱・鎮痛薬です。

 単独で用いるより、ほかの解熱・鎮痛成分と配合したほうが、

 高い効果を発揮するといわれます。

 副作用として発疹がでることがあるので、アレルギー体質の人、

 服薬によってアレルギーを起こしたことのある人は

 医師や薬剤師 に相談してから服用しましょう
サリドンA

セデス・ハイ
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved