体脂肪について

世界で最も広く使われている肥満判定用の物差しとしてBMIがあります。

BMIは、体重s〕を身長〔m〕で2回割った体格指数です。日本人の場合は、

BMIが25以上の人を肥満と判定しています。

そして国内外のさまざまな研究から、BMIが22前後の人が、最も病気にかかりにくいことが

明らかになっています。

肥満というと、真っ先に体重が気になりますが、医学的には「体脂肪が増えすぎた状態」

と定義されています。 つまり、体を構成するさまざまな成分のうち、脂肪組織の占める割合が

過剰な状態を、肥満というのです。

一般によく耳にする〔体脂肪率〕という言葉は、この脂肪組織の重さが体重に占める割合を

示す数値です。体脂肪率が、〔男性では25%,女性では30パーセント〕を超えると

肥満体とみなされます。

日常的によく運動をして体を鍛えている人は、筋肉量が多く、体脂肪量は多くなり、固太り〔筋肉質〕

の体になります。このように筋肉が多いと体重が重くなりますが、体脂肪率が高くなければ

肥満体とは呼びません。

逆に、外見上は標準的な体形で体重もさほど多くなくても、体脂肪率が高ければ肥満です。

このようなタイプを隠れ肥満と呼びます。筋肉が少なく、おなかの中の内臓の周りに

脂肪がついている場合が多く、生活習慣病とかかわりが深い太り方です。

自分が本当に肥満であるかどうかを判定するには、BMIと体脂肪率の両方からチェックする

必要があります。