☆食事で健康            


鉄のフライパンを使う→貧血の予防に

  
  昔は今より栄養状態が悪かったはずなのに、貧血が少なかったのは、

  鉄瓶や鉄鍋、鉄の包丁やフライパンを毎日使っていたからではといわれています。

  また、鉄のフライパンを使い、塩と酢を加えて調理すると5〜60mgの鉄が溶け出すという

  データもあります。

  鉄分には造血作用があり、不足すると立ちくらみを起こしたり、疲れやすくなるので、

  鉄分を補給するのにこうした調理器具を使うのも良いかもしれません。


  ※ 鉄器具は重い、さびやすいなど、使い勝手の点ではいまひとつ。

    今は、鍋に入れるタイプの、野菜の形などをした、鉄製品も売られています。
       健康と癒しの時間〜TOP

       アロマテラピー

       おふろ

       ダイエット

       食事

       ハイドロカルチャー

       観葉植物

       毎日のデトックス

       運動

       生活習慣 
  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス


My Profile



リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved