観葉植物        


トックリラン

 
   特徴と生長の様子
 
      株元の幹が太って徳利のような形になることから由来した名前ですが、幹の安定感に比べ、

      葉が細くぼさぼさした印象のところが、面白みですね。

   育て方のポイント

      置き場所

        日当たりの良いところが適します。

      水やり

        乾燥に強いので、土がやや乾いてから水を与えましょう。

        冬は乾燥気味にすると低温でも冬越しできます。


      一口メモ

        4月〜8月には剪定や植え替えを行ないます。

        極端に伸びすぎて困った茎は、思いきって剪定し、新芽を出させましょう。
 
        幹が太って鉢いっぱいだったり根が詰まると、水を十分吸収できずに株が弱ってしまいます。

        葉の先が枯れてくるのは、多くは水切れが原因です。夏の高温時は、葉にも水を与えましょう。
  健康と癒しの時間〜TOP

  アロマテラピー

  お風呂

  ダイエット

  食事

  ハイドロカルチャー

  観葉植物

  毎日のデトックス

  運動  






横浜の動物園

横浜の公園 

イソフラボン


頭痛

便秘
  

冷え性


筋肉

ストレス



My Profile


リンク集
   Copyright(c)     健康と癒しの時間   All right reserved